配偶者が職場の女性と不倫をしていた体験談

私の配偶者である夫は、職場の女性と不倫をしていました。そのことに気づいたきっかけは、常に夫が携帯を手放さないということと、夜中にラインをずっと打っているのを見かけたからです。当時発覚したときは、ショックでした。

配偶者の不倫が発覚!びっくりした

私の配偶者は、以前、職場の女性と不倫をしていました。

私の配偶者は、教職の仕事に就いていますが、職場はかなり若い女性が多いみたいでした。

私の主人は、職場の人間に恋愛感情なんか持つことは出来ない、と常に私に対して話していました。このため、私は不倫をしていることはあり得ないと安心をしきっていたのですが、実際はそうではなかったようです。

ある日、主人が、職場の女性と不倫をしていることに気づいたのは、携帯がきっかけです。

主人は、常に手元から携帯を離さず、持ち歩いていましたし、なにやら夜に出歩くことが多くなりました。

また、部屋で夜中に、ずっと、ラインを打っている様子がありました。このため、怪しいと思っていたのですが、携帯を見ることが出来るタイミングがあったので、その際に、思い切って確かめてみるようにしました。

主人の携帯をチェックしたのですが、女性と仲良くラインをしていることが分かりました。

また、その女性の名前を調べてみると、職場の女性であることが分かったのです。

私は、家のことを必死でやってきて、子供も育てているのにもかかわらず、配偶者がそのように職場で恋愛をしているということに気づき、かなりむなしい気持ちになりました。

腹が立つのと同時にショックを受けました。

そんなことが出来る主人に対しても幻滅の気持ちでいっぱいでした。

どのように解決した?子供が居るので我慢した

私は、主人が浮気をしていることに気づき、かなり腹が立ちましたし、当時は、裏切られている自分自身がとってもむなしくなりました。家事や育児などを当時は頑張っていましたし、私の見えないところで、そうやって職場の女性と恋愛をされているということだけでも、ショックや驚きが隠せませんでした。

教育現場という場所で不倫をしていることも、主人の人間性まで疑うところでした。

解決方法について、かなり私は悩んだのですが、この際我慢をして暮らしていくこともいやだったので、主人に対して、携帯電話をチェックして不倫が分かったこと、そして調べは付いているので、とぼけても無駄だということを話しました。

すると、主人は、ただの職場の女性とは友人関係であると言い訳をしていました。

私が問い詰めても、ずっと友人関係であるといって聞かないので、これは問い詰めても無駄だなと思いました。

しかし、私は、これ以上関係を続けるのであれば、離婚なども考えていますということを主人に言い放ちました。

主人は、ショックだったのか、その後、たぶん関係は清算したと思います。

離婚などは子供が居るので避けたかったので、こういった方法を取りましたが、関係は清算したようで良かったと思います。

しかし、私からの主人への気持ちもかなりその一件で、冷めてしまいました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ